マリンスポーツ(島紹介)

瀬底島(せそこじま)

島全域は本部町の大字である瀬底に属している。
沖縄本島とは1985年2月13日に完成した全長762mの瀬底大橋で結ばれています。
瀬底島と本部半島に挟まれた海峡は穏やかである為、ビーチでの海水浴やマリンスポーツの
メッカとなっています。パラセールやバナナボード、シュノーケリングなどに最適です。

瀬底島

交通 ホテルから車で約12分
面積 2.99 km²
人口 約800人
標高 76m
周囲 7.3km

瀬底島プランはこちら(夏季はホテル送迎あり)

水納島(みんなじま)

本部半島の沖合、北西1.5kmの珊瑚礁に浮かぶ三日月型の小さな島で、
上空から観察するとクロワッサンに見えることから、「クロワッサンアイランド」と呼ばれています。
人口40人余の観光の島でかつては無人島でした。
島全体が「メンナノ御嶽」として聖域とされていましたが、
1903年に瀬底島から13戸が移住し製糖に従事しました。
もともと水資源が乏しいことから「水の無い島」が島名になりました。
透明度の高い海はダイビングやシュノーケリングする人を魅了しています。

水納島

交通 ホテルから車で約13分の渡久地港(水納海運)から高速船で15分。
面積 0.47km²
人口 約40人
標高 26.9m
周囲 4km

水納島・本部近郊プランはこちら

伊江島(いえじま)

伊江島の中央にそびえる島のシンボル城山(ぐすくやま)は、標高172メートルです。
展望台入口から徒歩で山頂まで行け(階段291段)、ここから海の向こうの
ホテルオリオンモトブリゾート&スパが眺められます。
「タッチュー」の愛称がありますが、これは伊江島外での愛称であり、
島民は一般に「グスクヤマ」と呼んでいます。
リリーフィールド公園では、4月下旬から5月に100万輪のテッポウユリが咲き、
「伊江島ゆり祭り」が開催されます。
村営の金融機関として1929年に建築された公益質屋跡には沖縄戦の弾痕跡が生々しく残っています。
展望台のある断崖絶壁の波打ち際から湧出(わじー)する泉は、古くから水源として利用されています。

伊江島

交通 ホテルから車で約15分の本部港ターミナルからフェリーで30分。
面積 22.75 km²
人口 約4,500人
標高 172m
周囲 22.4km

伊江島プランはこちら

古宇利島(こうりじま)

古宇利島は、沖縄本島北部にあるエメラルドグリーンの海に囲まれた周囲約8キロの小さな島です。
島の入口にはすぐビーチがあり、シュノーケルでサンゴ礁を覗くことができます。
この本島有数の美しい海での海水浴はもちろんのこと、夕暮れには綺麗な夕日が、
夜になれば満天の星空を臨むことができるのも古宇利島の魅力です。
「こうりじま」の語源が「恋島(くいじま)」だと言われているため、
古宇利島は古くから「恋の島」や「神の島」であるという伝承があります。
海の上を走る古宇利島と屋我地島を結ぶ全長1960mの古宇利大橋は、絶好のドライブコースです。

伊江島

交通 ホテルから車で約28分
面積 3.13 km²
人口 358人
標高 106.8 m
周囲 7.9km

古宇利島プランはこちら

レストラン予約

レストラン予約検索

ご予約の確認キャンセル

お電話でのご予約・お問合せは
0980-51-7302 (レストラン予約係)
受付時間 09:00-20:00

自由自在の組立旅行

モバイル版宿泊予約