ホテルの環境方針

ホテル オリオン モトブ リゾート&スパでは沖縄の恵まれた水・太陽・地熱そして気候を最大限に生かし、
【水と空気のトータルエネルギーシステム】を構築することによって、署熱地域の省CO2技術を先導する
環境共生リゾートホテルの創生を目指します。

  • 32
  • 70
  • 29
  • 60
  • 1548
  • 2386
  • 1238
  • 85
  • 48
  • 16
  • デシカント空調

     ホテル オリオン モトブ リゾート&スパでは沖縄の地域特性を活かし、環境に
     配慮した効率的な空調システムを導入しています。このシステムは国土交通省が
     公募しました二酸化炭素排出量低減を目的とする住宅・建築物「省CO2先導事業」
     プロジェクトに採択されています。
      このシステムは、快適なホテルライフの体験に欠かせないホテル内空調システムと
     して沖縄県で最初の導入ホテルとなります。外気をクールヒートトレンチと呼ばれ
     る地中配管に取り入れ、温度差により地中熱エネルギーを効果的に活用します。デ
     シカントと呼ばれる吸湿材により湿気を取り除いた空気を全館に送ります。吸湿材
     の再生には太陽熱を利用し、吸湿と乾燥を自動的に繰り返します。
      さらに地下水、温泉水の温度差を利用したデシカント空調は二酸化炭素排出量低減
     にも寄与する環境にやさしい高効率エネルギーシステムとして注目を集めつつあり
     ます。
      ホテル オリオン モトブ リゾート&スパ では、ストレスフリーのホテル環境を
     デシカント空調で実現するために、今後とも二酸化炭素排出量低減を目的とする
     住宅・建築物「省CO2先導事業」を紹介していきます。

     
    2017年6月13日琉球新報に掲載されました。
       20170613sinpo

レストラン予約

レストラン予約検索

ご予約の確認キャンセル

お電話でのご予約・お問合せは
0980-51-7302 (レストラン予約係)
受付時間 09:00-20:00

自由自在の組立旅行

モバイル版宿泊予約